ミニデイサービス開設の経緯

 『公益社団 宮城県柔道整復師会』は『公益事業』として2007年から『ベガルタ仙台介護予防運動教室』『健康いきいき運動教室』『はればれ健康フェスタ』『元気応援教室』など一次・二次介護予防事業をさせて頂いております。特に『東日本大震災後』は『要介護認定者の増加』に合わせて県内各地で介護予防事業を数多く展開してまいりました。その流れの中で新たに『一般社団法人 宮城県柔道整復師会』を組織し『接骨院に併設された介護予防施設』において『機能訓練』等を行うことにより『地域包括ケアシステム』の中で『社会資源』としての役割を果たしていこうという目的でミニデイサービスの開設に至りました。正式には『介護予防・生活支援総合事業』の『生活支援通所型サービス』といいます。平成29年4月から介護度の軽い要支援1・2のホームヘルプ・デイサービスの利用が新しい『総合事業』に移行しました。認定を受けていない方でも、簡単な『豊齢力チェックリスト』により対象者と判定されることで利用可能です。『柔道整復師』の特性を活かしながら県民の皆様のお役にてるよう研鑽、努力してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。